名刺の渡し方



名刺交換の目的

名刺交換は何故おこなうのでしょうか?目的は相手に自分の事を知ってもらい、さらに相手のことを知るの事にあります。
ビジネスの世界では、毎日たくさんの人に会うわけですから、全員を確実に覚えるのはなかなか難しい物です。だからこそ、後々まで残る名刺は大切な存在です。
相手の社名はもちろん立場や電話番号に電子メールすべての情報がつまったの分身なのです。
そんな名刺だからこそ渡し方を間違えると大変な事になるのです。

名刺は自分の分身

目的の所でも書きましたが、名刺は自分の分身であり自分の顔です。
渡し方はもちろんですが、名刺自体が汚れていたり、折れ曲がっていたりしていると、自分自身が汚れているのと同じ様に、悪いイメージを持たれてしまいます。
名刺は必ず綺麗な物を渡しましょう。

名刺を渡す順番

では、さっそく名刺を渡しましょう〜っと言う前に名刺には渡す順番があります。まずはこれを覚えましょう!

1.名刺は目下の者から出すのが基本!
この文章は恐らくまだ名刺交換をした事がない人が読んでると思いますが、若手から率先して名刺を出しましょう。

2.しかし、上司と一緒に相手と会う場合は、上司の名刺交換が終わるのが先です。
先走らず、横で待機しましょう。

3.もし、目上の人が先に名刺を出してきた場合は、「遅れてしまい、申し訳ございません。」とお詫びしつつ名刺を受け取り、その後自分の名刺を出しましょう。

4.また、なかなかないケースではありますが、同時に名刺を出した場合は、目上が受け取るのを待ってから、貰う事になります。

5.目上、目下の順番はわかりましたか?
次にもし同格の人が名刺交換する場合、この場合は同時に交換して右手で差出し、左  手で受け取ります。
初めて会う人で目上か目下かなんてわからないですよね〜
なので、この方法で交換するケースが結構多いです。

名刺の渡し方

それではいよいよ名刺の渡し方です。
名刺は右手で名刺の端を軽く持ちます。渡す際は相手の胸より下の位置で手渡します。可能であれば両手で名刺を出すのがベストです。また、名刺入れを座布団にして名刺を渡す方法もあります。
名刺を渡す際は、自分の社名や氏名を名乗り、「よろしくお願いいたします。」といい ながら渡しましょう。

名刺の貰い方

名刺は相手から受け取る際に「頂戴いたします」とか「頂きます」とか言うと丁寧でしょう。
慣れないうちは、名刺交換するだけで精一杯になってしまい、忘れがちになりますが、名刺を見て、名前等の字が読めない場合はちゃんと聞いておきましょう。

受け取った名刺の扱い方

名刺を貰ったらすぐに名刺入れに収めるのではなく、暫くテーブルの上に置いて確認しながら話をするとよいでしょう。
そのさい、自分の名刺入れを座布団にして置くといいでしょう。
複数人の人から名刺を貰った場合は重ねておいてはいけません。
目上の人を上に順番にならべるのが基本です。。

終わりに

名刺交換の渡し方って本当に細かいルールがあったりするので大変だと思いますが、後は実践あるのみ!
名刺をたくさん交換して名前を売っていってください。